1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆HAPPY BIRTHDAY☆ 撩ちゃん♪

お誕生日おめでとうO(≧▽≦)O ワーイ♪
撩ちゃんvvv

今日は撩ちゃんのお誕生日ですねvv
きっと今年も「撩ちゃん、今年もハタチなのー」とかニヤリと笑って言ってそうですね(笑)
この1年も香ちゃんとイチャラブして、仲良くねvv

・・・ってか、撩に

「お前がおれ達をイチャラブに描くんだろ?これからもラブラブなおれと香を描けよ」

なーんてニヤリと笑って云われそう(笑)

おうよ、それは任せとけ!!
頑張ってラブラブに描くからねーっvvv



それでですね。
続きに突発的に描いた撩ちゃんお誕生日SSをUPしますvv
勢いで描いたので、話がヘンになってないか心配なんですが・・・(^^ゞ
少しでも楽しんでいただけたら幸いですvv





























「あの、撩?」
「んあ?」

香が頭に赤いリボンを巻いて、手を胸でギュッと握って顔を真っ赤にして、立っている。
目を見開く撩。

「お誕生日、おめでとう」
「お、おぅ」

・・・なんだ?その頭のリボン。

そのリボンに一瞬、期待した撩の胸が小さく高鳴る。

「あのっ・・・あのね?」

ギュッと握った手をさらに強く握りしめる。
俯きそうになる顔を必死に上げる香。

「今日・・・ほら。撩の誕生日でしょ?・・・だから・・・ね?」
「・・・・・・あぁ」
「プレゼント・・・考えたんだけど、いいのが思いつかなくて・・・でね?あ、あの・・・」

かぁぁ、と真っ赤になる香。

「いや、あのね?撩はいらないと思う、けど・・・」
「・・・けど?」
「あたしが・・・その・・・」
「その・・・何?」
「プレゼント・・・とかって・・・どうかなって・・・思って・・・」

かぁぁ、とさらに赤くなり、あわあわと慌てているのが分かる。
慌てているせいか、早口で話し出す香。

「あ、ううん、やっぱりいらないよね。貰うなら物がいいよね。あはは、ごめんね。ヘンなこと言って。・・・何がいい?あんまり高いものはダメだけど、撩の欲しいものあげたいから。何かあったら言って?」

撩は瞬きした後、ちょっと考えてから。

「香・・・」
「・・・え?」

撩に呼ばれて香が撩と眼を合わせる。
かち合った眼を見て、ドキリと胸を高鳴らせる香。

撩の目が香を射抜いていたから。
真っ直ぐに香を見つめていたから。
そして、その眼が・・・目を逸らせないほど色っぽかったから。

「だから、香」
「・・・ん?何?」

撩がプッと吹き出す。
話がかみ合っていない。

「違うって。おまぁを呼んだんじゃなくて、欲しいものがおまぁなの」
「あ、そっか。うんうん、欲しいものね・・・・・・・・・ん?欲しいものが何って言った?」

一度は撩の言ったことに頷いたものの、香は、ん?と小首を傾げる。

「だから・・・おまぁ」

撩はクックッと肩を揺らして笑いながら香に答える。

「え・・・・・・あたし?」
「あぁ」

肩を震わせて笑う撩。

「あたしが・・・何?」
「だーかーら、おれの欲しいものが」
「あ、そ・・・っか。欲しいものがあたしね・・・。・・・って、あれ?あたし?!」
「だから、さっきからそう言ってるだろ?そもそも、おまぁが言ったんだろ?プレゼントはあたしだって」
「やっ・・・違っ・・・その、だから、それは・・・っ、美樹さんが・・・っ」

あわあわと焦る香。

「何?美樹ちゃんに唆された?」
「なっ・・・違っ」

撩がからかうと、香は顔を真っ赤にしたまま軽く俯く。

「・・・そうじゃなくて、美樹さんに相談したの・・・アンタのプレゼントが、決まらないって。・・・そしたら、その・・・」
「おまぁ自身にリボンを巻いておれに差し出せって?」
「う・・・」

それだけで、事実だと告げる。
香が顔だけと云わず、首も赤くさせてもじもじしている。

「でもね、ちゃんと言ったのよ?撩はそんなのいらないだろうって。でも・・・やってみるだけやってみれば?って云われて・・・」

最後は声が小さくなっていく香。
撩はそんな香が可愛くて、クスッと笑う。

「・・・で、やってみようと思ったんだ。・・・それで、なんで、おれがいらないって思うんだよ?」
「だって・・・っ」

バッと顔を上げる香。
それから、自嘲気味に笑みを浮かべる。

「・・・だって、あたしは・・・そういう対象には・・・ならないんでしょ?」
「!・・・香?」
「撩にいつも云われてるし、解ってるわよ、ちゃんと。ごめん、今、ちょっとフザけてみただけだから。・・・欲しい物、考えといてね」

香が慌てて部屋を出て行こうとするのを腕を掴むことで止める撩。
掴んだ腕の細さにドキッとする。

「な、何?」

香も緊張しているのか、声が上擦る。
撩は何も云わずに後ろから抱きすくめた。
香が身体を強張らせるのが解ったけれど、撩も離すわけにはいかなかった。

「・・・おまぁ、なんだろ?」
「・・・え?」
「今年のプレゼント」
「だからっ・・・」
「ずっと・・・欲しかった」
「・・・え?」
「おまぁが・・・ずっと、欲しかったんだ・・・香」
「・・・え・・・撩?それって・・・」
「プレゼント・・・お前が欲しい」
「撩・・・」

自分を抱きすくめている撩の腕に自分の手を重ねる香。
真っ赤なまま、瞳が滲んでいく。
ほどなくして、ポロッと1つ、涙がこぼれた。

「・・・香?」

撩が香を窺うように見ると、香が涙を零していて、内心で焦る撩。
思わず息を呑む。
撩の気配で解ったのか、香が慌ててそれを拭い、微笑む。

「あ、違うのっ。イヤじゃなくて・・・嬉しくて・・・泣いてるの。だから・・・」

そうして俯く香に、撩は腕を離して香を自分に向かせる。
向き合って、香の頤に撩の手が添えられて、そっと上を向かされる。
潤んだ瞳で撩を見つめる香。
そんな香を優しい瞳で見つめ返す撩。
そして、香の頬を伝う涙を撩がそっと指で拭う。

「香・・・」
「撩・・・?」

目を逸らせないで見開く香に、撩が苦笑する。

「香?キス、したいから目ぇ閉じてくんないかなぁ」
「え・・・あっ・・・」

ポポポ、と頬を染めた香は、ん、と眼を閉じる。
その声すら愛しい、と撩は思う。
耳を挟むように頬を包むと、撩が顔を近づける。
キスするまで数センチになったところで、香にそっと甘く囁きかける。

「・・・サンキュ」

そして、優しく唇を重ねた―――

甘い、甘い、キスは触れるだけだったそれから深くなり、啄むように触れ合って、撩は自分が抑えられなくなりそうなほどキスに溺れた。
香の舌を自分の舌と絡めて、唇を甘噛みして、貪るようにキスをした。

はぁ・・・

それからどのくらいがたっただろう。
香の甘い吐息とともに、名残惜し気に離れた2人は、それでも、至近距離で目を合わせて見つめ合う。
そして、また、香に囁きかける撩。

「―――おまぁが欲しい・・・いいか?」

囁き声だったはずの撩の声がはっきりと響いて、香の身体がビクッと一瞬跳ねた。
香の胸がドキドキする。

・・・ちょっと怖いけど・・・でも、あたしも撩に触れてほしいから。

ちょっとの間をあけて、香が顔を真っ赤にしながら小さくコクンと頷いた。

撩は優しく香に微笑いかけると、香の手をそっと掴んで自分のベッドへと誘った。
緊張している香にキスをしながらゆっくりと身体を横たえさせると、緊張から身体が震えている香を優しく抱きしめた。

「大丈夫・・・。そんなにガチガチになるなよ。だって、相手はおれだろ?」

ニッと笑ってみせれば香もぎこちないながらも頷いて微笑む。

「そう・・・だよね。撩、だもんね」
「あぁ」

香がギュッと撩の服を掴んだことを合図に、撩が優しく香にキスを落とし始めた―――。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<あとがき>

わっ!
私ったら何を描いてるんだろうヽ(*>∇<)ノヤッホーイ♪
突発的に描いたものがこれだった(*^▽^*)
いかがだったでしょうか?
突発的に描いたので、話が繋がってるか心配だったりもするんですが・・・(^^ゞ
もし、香ちゃんがそんなことして前に現れたら、間違いなく美味しくいただきますよね?!
そうですよね?!
これは、設定としては、

『原作終了後、キスはするものの、一線は超えてない2人・・・』

のつもりで描いたので、この後、初もっこりへ続く・・・のかもvvv
(以前にも初もっこり話は描いてますが、別シチュエーションってことでvvv)
おかしいなぁ。
最初はこんな話になるはずじゃなかったんだけど・・・?
まぁ、突発的ってことでスルーしちゃって下さいませー(笑)
ホントにすみませんっ!!
こんな駄文ですが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです(*^^)v
撩ちゃん、お誕生日おめでとうーっvvv

【 2014/03/26 (Wed) 】 NOVEL | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
撩&香の一コマ♪
プロフィール

実梨

Author:実梨
シティーハンターが好きで、二次創作を始めました(^^ゞ
カッコいいリョウと可愛い香ちゃんを目指して、日常の色んな2人を描いていけたらいいな、と思ってますv
初心者なので、まだまだ未熟で駄文ばかりではありますが、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです♪

更新履歴
・ 8/ 24 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 7/ 18 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 6/ 16 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 4/ 22 MEMOに拍手御礼(お待たせしてすみませんでした)
・ 4/ 17 遅ればせながら香ちゃん、お誕生日おめでとうvv
・12/ 7 サイト6周年vホントにどうもありがとうございますvvv
・11/ 13 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・11/ 2 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・10/ 19 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 8/ 10 EVENTに5周年記念SS(後編)をUP&MEMOに拍手御礼
・ 8/ 4 EVENTに5周年記念SS(前編)をUP(今更ですみませんっ)
・ 7/ 13 MEMOに拍手御礼
・ 7/ 2 NOVELをUP
・ 6/ 1 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 5/ 23 NOVELをUP
・ 5/ 5 MEMOに拍手御礼
・ 4/ 10 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 3/ 31 香ちゃんお誕生日おめでとうvv
・ 3/ 26 撩ちゃんお誕生日おめでとうvv
・ 3/ 23 NOVELをUP
・ 3/ 14 MEMOに拍手御礼
・ 3/ 2 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 2/ 19 NOVELをUP
・ 2/ 10 SSSをUP
・ 2/ 1 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 1/ 22 MEMOに拍手御礼
・ 1/ 10 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 1/ 5 どうぞ2014年もよろしくお願いしますvNOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・12/ 31 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・12/ 29 MEMOに拍手御礼
・12/ 25 NOVELをUP
・12/ 24 NOVELを2話分UP
・12/ 15 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・12/ 7 サイト5周年~♪ホントにどうもありがとうございますvv
・11/ 28 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・11/ 18 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・10/ 20 MEMOに拍手御礼
・10/ 5 MEMOに拍手御礼
・10/ 4 NOVELをUP
・ 9/ 23 NOVELをUP
・ 9/ 16 LINKに素敵サイト様1件追加!&MEMOに拍手御礼
・ 9/ 1 NOVEL2話目をUP&MEMOに拍手御礼
  ・ 8/ 15 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 8/ 5 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 7/ 30 NOVELをUP&MEMOに拍手御礼
・ 7/ 7 七夕SSをUP
・ 6/ 30 NOVEL1話目をUP&拍手御礼v
・ 6/ 17 ついに!新しいPCになりましたーっvvv&拍手御礼v
・ 2/ 8 EVENTに4周年記念SSをUP&MEMOに拍手御礼v
・ 1/ 20 LINKに素敵サイト様1件追加!
・ 1/ 8 NOVELにお正月SSをUP&MEMOに拍手御礼v
・ 1/ 2 2013年v新年あけましておめでとうございますvv今年もどうぞよろしくお願いいたします☆
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。